診療内容

薬をなるべく用いないよう、自己治癒力を高め、自分で健康を管理できるようになるための医学的指導や統合医療を用いた診療を行います。

 

健康診断:病気の予防、早期発見

甲状腺検査:血液検査とエコー検査

心の相談

アンチエイジング医療

統合医療

 


 

検査内容

1.健康診断検査

1-1.詳しい検査(平日午前中のみ)

    血液検査

    生活習慣病検査、

     甲状腺検査(TSH,HT4,FT3,TPOAb,TRAb,TgAb,サイログロブリン)、

    免疫学的検査1(Tcell,Bcell,IgG,IgM,IgA,C3,C4,CH50,ASO)、

    免疫学的検査2(NK細胞活性)

             ビタミン・ミネラル検査、

    アンチエイジング検査・酸化度検査(尿中8OhdG)

    尿検査

1-2.①

    血液検査

    生活習慣病検査、ミネラル検査、免疫学的検査1(一部平日午前中のみ)

            甲状腺検査(TSH,FT4,FT3,サイログロブリン)

    尿検査、酸化度検査

    ②*通常はこちらの検査を行います

    血液検査

    生活習慣病検査、ミネラル検査、甲状腺検査(TSH,FT4,FT3,サイログロブリン)、

    尿検査

    

2.アンチエイジング検査

    ビタミン・ミネラル検査、酸化度検査、老化度検査(アディポネクチン)

3.癌検診

    血液検査、理学的検査

    アミノインデックス検査(胃癌・肺癌・大腸癌・前立腺癌・乳癌・子宮癌)

4.超音波検査

    頸部(頸動脈・リンパ節・甲状腺)

    胸腹部(心臓・肝臓・胆嚢・膵臓・乳房・腎臓)


検査項目について

*尿中8OHdGとは

ここでは、酸化度検査と書いていますが、詳しくは体内の酸化ストレスを調べる検査になります。

 

酸化ストレスが大きく高い状態が継続すると、免疫機構や遺伝子、細胞、タンパク質、糖質が酸化されていき、病気に罹りやすくなります。

 

酸化ストレスは、体内の活性酸素の量が、過度の運動、運動不足、偏った食事、喫煙、慢性炎症、精神的なストレスが高まるなどで増加するために高まります。

 

この8OHdGは、損傷したDNAが修復される過程で細胞外に排出されるため、

その尿中の量によりどの程度の酸化ストレスがあるかを知ることが出来るのです。

 

現代の私たちにとって、現在の自分の体がどの程度の影響を受けているのかをみるための非常にわかりやすい指標の一つです。

 

 

診療・検査費用

初診料 3000円(ご家族で受診の場合は一家族の料金)

再診料 2000円(同上)

 

心療内科カウセリング 30分  5000円

           60分 10000円

検査内容のセカンドオピニオン  5000円

(初診時での過去の検査結果の比較にはこちらは必要ありません)

 

検査料金

1-1.詳しい検査 32000円

1-2.①の検査 10000円

    酸化度検査を含む場合

    小児:15000円

    大人21000円→18000円になりました

    ②の検査 8000円

    

2.アンチエイジング検査 21000円

3.癌検診 15750円~ 検査項目数による

4.超音波検査 

  甲状腺・リンパ節・頸動脈 1050円

  胸腹部          3150円

  心臓           5250円

 

*単独検査

ビタミン検査 4000円

ミネラル検査 1300

免疫系検査1   3000円

免疫系検査2  13000円          

酸化度検査 10500円→8000円になりました

老化度検査 12000円